これぞ昭和!なノスタルジックラーメン「福寿」へ!
1952年1月7日昭和27年創業とのこと、いつまで食べられるかわからないし…。
店構えは昭和と言わせる趣き!
お店に一歩脚を踏み入れると、異空間な店内。。今どき見られない大きな釜場!

この日は「五目ラーメン」をチョイス。
カウンターは座ると右側に傾いていて、出てきた丼のスープ面も傾いております。
※絶妙にスープがこぼれない・・・。

IMG_5853


スープは、濃い目の醤油味。
麺は、硬めの縮れ麺で、ちょうどよい硬さ。
チャーシューは味のしっかりと染みた薄目のロース肉が2枚、
その他の具材は半熟のゆで卵の剥き身、もやし、味がしっかりついた椎茸の佃煮、
かまぼこ、なると、メンマに薬味葱。

ドンブリの底にカキコしてあるらしい「日本一」の文字が見たかったので、
中盤から卓上の胡椒を投入しながら完食完飲しました。


FullSizeRender

昔ながらの東京の中華そばという印象です。
“昔ながら”ですが、そこら辺にある薄っぺらなモノではなく、安定感のある1杯でした!
★ネットの反応






ミュージシャンの石野卓球さんも「福寿」さんのファンなのですね!

今度はワンタンが食べたいです!